肝機能の状態を把握するために知っておきたい数値について

自覚症状だけでは、肝臓の状態をなかなか把握しにくいものですね。肝臓の病気は重篤なものが多いので、できれば早い段階で気付いておきたいものでしょう。そこで、肝機能の状態をチェックするのに役立つのが健康診断や献血で行われる血液検査の結果です。

 

ここでは、この検査結果で使われる数値の意味などについてご紹介していきましょう。

ALT(GPT)

これは、肝臓に一番多く含まれている酵素のことです。この数値が高いということは、本来肝臓にあるはずのこの物質がそれだけ血液中に流れだしてしまっているということになります。つまり、肝臓が傷ついて酵素が漏れ出しているという意味なのです。

γ−GTP

こちらは肝臓だけでなく、胆道や膵臓、腎臓などにも含まれている酵素です。この数値が高い原因も、上記で説明したことと同様で、肝臓や胆道、膵臓、腎臓が傷ついている証拠となります。特にお酒が好きでよく飲む人や、喫煙者の人は上昇しやすいため、気をつけておきたい数値です。

ALBアルブミン

肝臓で作られているタンパク質のことです。この数値は、上記の2つと違って低い場合が危険信号となります。数値が低いということは、肝臓で正常にタンパク質が作られていないことになるのです。

PLT(血小板の数)

血小板の数が多すぎたり少なすぎたり…と、異常がある場合は白血病が疑われることが多いです。しかし、肝臓も関係しているものであるため、肝臓の障害である可能性もあります。

 

以上が、健康診断や血液検査の結果に使われている、肝臓に関係した数値です。

 

自分の肝臓がどんな状態であるのか気になるという人は、診断結果を貰ったらこの数値に注目してみるようにしましょう。万が一数値に異常がある場合は、早めに専門の医師に相談するなどして、いち早く改善に向けて行動してみてくださいね。