肝臓に良い栄養素を積極的に摂取しよう

肝機能改善のための栄養を教える男性

沈黙の臓器である上、目では捉えることができない所にある臓器だからこそ、肝臓のことを常に意識した生活を送って行きたい…と考えている人は多いでしょう。

 

肝臓の機能を維持するには、生活習慣を改善したりアルコールを制限したりすることも大切です。でも、食べ物に含まれている栄養素の中には、肝臓に良い影響を与えてくれるものも多く存在します。

 

そういった栄養素を積極的に摂取することも、肝機能を向上させるためには大切であると言えるでしょう。

 

肝臓に良い栄養素とは?

ここで疑問となるのが、「肝臓に良い栄養素は何か?」ということですね。

 

代表的なのは、オルニチンとタウリンが豊富に含まれているシジミや牡蠣でしょう。また、最近ではブロッコリーなどに含まれるスルフォラファンという栄養素も、肝臓に良い影響を与えてくれることが分かっています。

 

肝臓の健康状態が心配な人や、肝臓病を予防したいと考えている人は、上記に挙げたような食べ物を積極的に食べていくと良いでしょう。

 

毎日肝臓に良い食べ物を食べるのは難しい…そんな人にオススメ!

とはいえ、肝臓に良い食べ物を毎日のように食事で食べていけるか…となると、難しいものがありますね。特に肝臓をサポートする栄養素が豊富な牡蠣は、食中毒の心配がある食べ物です。

 

どんなに大好きな人でも、毎日食べる…というのは非常に難しいでしょう。また、シジミなども1日に必要な栄養素のことを考えて食べるとなると、大量に食べなければなりません。このため、食事だけで必要な栄養素を補うのはなかなか難しいのです。

 

そこで近年注目を浴びているのが、サプリメント。オルニチンやタウリン、スルフォラファンなど肝臓に良い栄養素がギュッと詰まっていて、手軽に飲んで必要な量を補えるので愛用者が増えています。手軽なので続けて行きやすく、牡蠣などが苦手な人でも安心して飲めるでしょう。