肝臓の機能低下を改善するポイント

意識していないと知らないうちに重篤な病気へと発展している可能性もある臓器、肝臓。
なかなか正確な状況を掴みにくい臓器の1つですから、日頃から機能が低下しないように意識していきたいものです。

 

そこで、ここでは肝臓機能の低下を改善するためのポイントをご紹介します。

鉄分と脂質を控えよう

鉄分は過剰に摂取しすぎると肝機能低下を招きます。特に肝臓が弱っている人の場合は、摂取を控えるようにしないと肝機能をどんどん低下させてしまうことに繋がるのです。また、脂質も過剰に摂取し過ぎると肝臓の脂肪が溜まりすぎて脂肪肝に繋がる可能性が高くなります。気をつけましょう。

太り過ぎないように適度な運動を

太りすぎていると、肝臓に大きな負担をかけてしまうため肝臓病のリスクが高まります。適度な運動を心がけ、太りすぎてしまわないように気をつけていきましょう。また、ダイエットといって食事を全く摂取しないのも肝臓に負担をかけます。ダイエットをするときは食事のバランスに気をつけながら、適度な運動を交えて行っていくようにしましょう。

お酒を飲み過ぎない

アルコールも適度な量であれば、体に良いとされています。しかし、毎日のように大量のアルコールを飲んでいると肝臓に大きな負担がかかってしまうのです。特にアルコールが好きな人や、会社の付き合いで飲み会が多いという人は要注意。休肝日を作るなどして、肝臓に休息を与えてあげるようにしてください。

肝臓に良い成分を摂取する

近年では、肝臓の健康を維持するために肝機能を高める効果を期待できる成分が注目されています。ここでは、代表的なものをいくつかご紹介しましょう。

 

  • オルニチン
  • タウリン
  • アラニン
  • スルフォラファン
  • ビタミンB
  • セサミン
  • オメガ3脂肪酸

 

以上の成分を積極的に摂取することで、肝臓の機能をサポートすることができます。食事だけで摂取するのが難しい場合は、サプリメントなどを活用すると効率良く摂取できるためオススメです。