肝臓に負担をかける様々な原因

乱れた生活習慣を送っていると、肝臓に大きな負担がかかると言われています。
しかし、生活習慣の他にも、肝臓に負担をかける要因は色々とあるようです。

 

そこで、ここでは生活習慣の乱れ以外で肝臓に負担をかける原因についてご紹介していきましょう。

便秘気味になっている

便秘と肝臓、一見全く関係のないように思えるところですが、実は関係があるのです。

 

まず、便秘気味になっていると腸内に長時間便が滞った状態が続きます。その結果、腸内では便の腐敗が進み、有毒なガスを発生させてしまうのです。この時に発生した有毒なガスを解毒しているのは、もちろん肝臓なので便秘気味の人は、そうでない人に比べて肝臓にかける負担が大きくなってしまいます。

薬の過剰摂取をしている

特に西洋医学で使われている薬は、体の不調を改善するものとされていますが、実は体に対する負担も大きなものです。

 

適量なら問題ありませんが、過剰摂取してしまった場合、その処理を行うのは当然、肝臓になります。また、過剰摂取だけに限らず薬を長期に渡って服用している場合も、肝臓には大きな負担がかかることになるので気をつけましょう。その場合は、肝臓に良いサプリメントなどを一緒に摂取して肝臓の負担を和らげてあげることも大切です。

 

このように、生活習慣が乱れること以外にも、様々なことが要因となり、肝臓の機能が低下してしまいます。肝臓は沈黙の臓器ですから、気付いたら重症化していたということも珍しくないです。今一度自分の生活を振り返って、肝臓のことを考えた生活を心がけていくようにしましょう。